ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手首痛いんだもん。

ヘッドを走らせる」というテーマでアンコックを取り入れ、
ラクにフェースターンさせるようになってアイアンが非常に
安定してきました。スピンのきいた高い、落ちてビタ止まり
する球に有頂天になっていたのですが。。。

マイナス面が 2 つ。

ひとつはラフからの飛距離ダウン。
常時ノックダウンショットに近い、手首を使わず身体の回転
と腕力で打っていたので、ラフ芝にも負けずにいたのですが、
リキミを抜いて手首を自由にしてヘッドの重力エネルギーで
クラブを「落とす」ように打つようにしたことで、ラフ芝に
ヘッドがつかまり負けてしまうようになりました。

もうひとつは両手首が腱鞘炎気味。イタイ。。。(*≧з≦)
手首を緩めっぱなしにしていることで、トップで手首が限界
までコックされ、インパクトでまた限界まで伸びた状態で
球と地面を叩く衝撃で、かなり痛めたよう。
これは「間違いなく」間違えたスイングをしてる。

ヘッドの走るスイングのメリットを活かしつつ、芝に負けず
手首を傷めない打ち方をさらに追求してみました。


修正点3つ。【備忘録】

1.ハンドダウン気味のアドレスの矯正。
  本来上下にのみ動かしたい手首が、インパクトで横方向
  にも回り、左手首が甲側に急激に深くねじれていました。
  少しハンドアップ気味にすることで、スムーズにシャフト
  の軸に沿ってクラブが回転するようになりました。

2.ノーコックを試してみる。
  物足らない感覚が残りますが、ノーコックでトップを作る
  方が肩もしっかり入っていい感じ。上記1とあわせて、
  手首ではなく自然な前腕のターンでフェースが返るように
  なりました。少しインに引き気味になるのを気をつけます。
  スプリットハンドでスイングしているうちに、インパクト
  のあとで右肩が左足前に向かっていく感じがつかめて、
  球が捕まるようになりました。

3.左ワキに振りぬく。
  あくまでイメージですが。身体の前から目標方向にクラブ
  が出て行くとフィニッシュが取れず、身体が泳ぎます。
  インパクト以降左ワキにヘッドを抜くことで、最後身体が
  起き上がり、フィニッシュが決まるようになりました。
  左の肩甲骨が硬いみたい。クラブの勢いに負けてちと痛い。


ナイスショットがバンバン打てるようになったのが昨晩の練習
の終盤でしたので、果たしてこれでいいのか、まだ確信できて
いないのですが、飛距離も伸びているようだし、左右のブレが
ほとんど無いので確率の高いショットに近づいていると思います。

今週半ばで仕事も落ち着くので、 1 日くらいは定時退社して
練習場で確認したいと思います。



毎週スイング変えてない? と思った方はこちらをクリックお願いします。
     ↓
[ 人気ブログ ランキング ]

みんなで快適♪ PLAY FAST!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。