ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ右に向いてしまうのか

アマチュアに多いミスとして、アドレスした時の
方向が右に向きすぎる、というのがありますね。
私もまさにそれが多くて、ナイスなショットが
まっすぐ右ラフ方向に飛んでいくときがあります。

先日の練習のときに、マットの後ろから決めた
まっすぐの方向と、構えたときの狙い目にズレを
感じて、ひとしきりモジモジやっていました。
構えたときに本来の正面方向がやけに左に感じて
しまうのです。(・_・?)ハテ

足元を確かめても確かにマットに平行に立っているし、
それでも打ってみたら目標の右サイドにまっすぐ
飛んでいきます。その方向は構えた時にちょうど
まっすぐと感じたところ。構えてまっすぐだと思う
ところに飛ぶならいいじゃないの、とも思いますが、
そうだとしたら相当なオープンスタンスで打っている
のと同じことになり、球が軽く距離も落ちます。

何度もアドレスを丁寧にやっているうちに、謎が解けました。
それは「猫背」。リラックスして上体に力を入れないよう
注意してやっていたんですが、力抜いた分、でかく重たい
このアタマを支えきらんと猫背になっていたようです。

胸の裏側あたりの背中が丸まると、肩のラインは左右の
どちらにも向きやすくなり、右肩が出れば目標の左側を
正面方向に見えてしまうのでアドレスはジリジリと右に
向きたがる。グリップで右手が向こう側にあるので、
どうしても右肩が出やすくなるわけです。

この日の私はちょうど逆で、両手を突っ張って構えるのを
左右のひじにゆとりを持たせてグリップを近めにひきつけて
構えるようにしていたせいで、肩はクローズに向いてました。
そのため本来のまっすぐと、構えたときまっすぐに見える
向きが右にずれていたようです。

胸を起こし、自然と両脇がしまれば肩は不自由になるので、
違和感のあった方向のズレは修正でき、まっすぐ方向に
力強い球が打てるようになりました。

ナニか直せばナニかがずれて、なかなか道のりは遠いです。


ドノミチ マガッタラ イミナイヨ、と思った方は
こちらをクリックお願いします。 (^^;
     ↓
[ 人気ブログ ランキング ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。