ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛んで曲がってやらかして

ドラ 250Y
9鉄 130Y

9鉄の2倍がドラの飛距離というのが目安と聞きます。

飛ぶとき260Y、飛ばないとき220Y。
飛ぶとき=芯食ったとき、飛ばないとき=芯外したとき。
これじゃあゴルフを組み立てられないですよね。

さらに。
体重あるし筋力も強いので飛ぶのはアドバンテージになるけど
曲がったら半端じゃない。芯食ってフェースが開いてたら最悪。
スライスボールってのは弾道の頂点から曲がり落ち始めるもの
ですが、曲がってまだそこから上向きに飛んでる場合どうするの。
マン振って曲げた時は、もう球捜す気まるでなし(笑)。

こんなことやってたら、安定90切り、という今年の目標はムリ。
さすがに考え直しました。スコア重視に後半切り替えるぞと。

例えば380Yパー4。

超低確率を乗り越えてナイスショットで260Y打ったとし、
残りをPW使う380Yと、抑えたドラやバフィーで確実に
フェアウェイセンターに220Y打っといて、残りを7鉄使う
380Y。

セカンドをPWでも7鉄でも、確実にピンそばにつけれるわけ
じゃない。だったらPWの距離を残すより7鉄の距離を残す方が
リスクははるかに少ないわけで。

ロングならさらに。
バフィー+バフィー+ピッチングでも540Yは届く計算。
細いロングを無策にドラ振り回していた自分が恥ずかしい。。

そう考えるとティーショットがすごく楽になる。
400Yのパー4でも、抑えて220~240Y打っといて、
7鉄で150Yもきっちり打ちやすいトコに運べば、残りは
30Yアプローチ。寄せワンだって十分狙える。

じゃドラが思いっきり使えるホールってどんなだ?
240~260Y付近が広くて、右にペナルティがなくて、
320Yくらいの短いパー4?バーディ狙ってやらかしそうだ。

550Yを超えるロングホール?めったにないかな。

そう考えると首ひねりながらびくびくしながらドライバー振る
必要なんてないじゃない。結局150Y以下のショートゲーム。
北海道弾丸で帝国軍と明らかに違ったのはアプとパター。
どっからでも寄せて、どっからでも入れてくるもんなあ。
帰ってきてからギアも換え、練習のほとんどをこれに費やし、
やっと人並みの自信がついてきました。

いっぺんドラ抜いて、アイアンは7番以下の9本で周って
みたらどうだろう。やってみたいけどやらないかな(笑)。
でもそのつもりで次回のホームコースの練習ラウンドでは
我慢のラウンドをやってみようと思います。




デモフッチャウンデショ と思った方は
こちらのクリックお願いします。 (^^;
     ↓
[ ゴルフ ブログ ランキング ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。