ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカモトゴルフ製作所

ショートゲームの鍵になるウェッジ。

永くクリーブランドのTA-588の52度と56度を使っていまし
たが、かなりボロちーになったので、この春クルーズの
トリプルソール53度と58度を藤沢の中古ショップで見つけて購入。
ダイナミックゴールドのX100が挿してあったのが最初の
理由ですが、ウリのソール形状以上に気に入ったのは
フェースデザイン。いわゆる出っ歯ながら、ネックとの
つながりにポケットがあってそこでボールを掴んで運ぶ
イメージがすごくつきやすかったのです。

ところが。
ロフトを53度と58度にしたせいで急に難しく感じるようになり、
アプローチ恐怖症寸前の状態になってしまいました。

ソールが広いこともあってバウンスから入れるとはじくし、
歯から入れるとザックリかダルマ落とし。58度はバンカー
専用に。すると100Y以下のアプローチはすべて53度でこなす
ことになり、いわゆる「感じ」が出せなくて大ショートや
大オーバー連発。

先日のラウンドで別れを決意しました。(∩ω・。)ノシ バィバィ
アタリマエですが腕前とココロの問題で、クルーズのウェッジは
よくできたいいウェッジです。

前置きが長くなりましたが。

そんなわけでいつもの工房で52度と56度のウェッジを相談。
マスターが自分で使っているウェッジを見せてもらいました。
肉厚で、真っ黒で、フェースにはミーリングの紋様。なにより、
グースがあるのに出っ歯。フェース以外は鏡面加工が施して
ありネックに「by SAKAMOTO」の刻印。

ちょっと貸してくれ、と練習場で使ってみたらベラボーにいい。
特に、グースで出っ歯、というほかで見たことのないカタチが
上げても転がしても、低く出して止めても、思い通りの操作を
可能にしてくれます。バンカーショットの抜けのよさも特筆。


「作って。」即発注。ヾ(  ̄▽)ゞ オホホホホホ。


兵庫県にあるサカモトゴルフ製作所というところのハンドメイド。
いわゆる「地クラブ」。すぐに電話でヘッドを取り寄せてもらい、
シャフトは先日完全調整したアイアンと揃えて N.S.Pro 1150 を装着。

ひとめぼれ


出来上がりのスペック。
ロフトは期待通りの完璧な精度。52度と56度ピッタシ。
52度 Lie 63度 35.25inch 469g D3.5 350cpm
56度 Lie 63度 35.25inch 470g D4.0 350cpm

さっそく練習場で試しましたが、マスターのを借りたときより
さらにイイ!アイアンとそろえたシャフトのおかげに違いない。
構えてガチガチになることなく、すっとアドレスして腰を落とし、
5ヤード、10ヤード、30ヤードの旗に向けてポイポイ打てます。

お値段?
それが奥様~。ゴニョゴニョ。んまー!オトクねー!くらい。


さー、練習行ってラブラブになってこよ。



ウデマエ ノ方ハ ドーナッタンダ?、、と思った方は
こちらのクリックお願いします。 (^^;
      ↓↓↓
人気 Blog ランキング



こちらもよろしく!
広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。