ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マミヤ アクシブ 6568H

昨日のラウンド後、ショップへ直行。
不甲斐ないスコアは道具のせいにする、というのが基本(笑)。

手術中


ドライバーのグラファロイ プロライト エリートを抜き、
マミヤOPの四軸シャフト、アクシブ6568Hにリシャフト。

プロライトエリートは古いシャフトで、いまは販売終了。
大型ヘッド時代になって、大きなヘッド周り慣性モーメントには
ネックの剛性が耐え切れない設計。
以前元調子を試したくて、ショップに転がってたこのシャフトを
タダで譲ってもらい装着していました。
テキトーに鈍くてスイングも安定して、ビッグボールが出てくれる
ので気に入っていたのですが、最近ヘッドスピードが上がるにつれ、
ヘッドが戻りきらないでプッシュスライス、もしくは戻りすぎて
どヒッカケが出るように。
設計限界を超えてるんだからしょうがないわね。


リシャフト後、店を閉めたショップのマスターと練習場で試打。

いーねいーね♪

メ一杯振り切ってもちゃんとヘッドが帰ってくるし、
芯を外しても当たり負けしない。
前のシャフトだと、当たり負けしてシャフトが捻れる感じが
手に伝わってきていたし。

土曜日いきなりコースに持ち込んでみます。
夏ラフ対策は、ラフに行かない、につきるしね。



ヌイタリサシタリ、アンタモスキネエ、、と思った方は
こちらのクリックお願いします。 (^^;
     ↓
[ ゴルフ ブログ ランキング ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。