ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スイカとカラアゲとヒマワリ畑

祖父の実家、ということになるのかな、広島市内から車で約1時間半、山間部の安芸高田市向原というところに先祖代々の墓所があります。
現在は亡父の従兄弟、祖父のお兄さんの息子さんが守っておられます。

IMG_0903.jpg

大学以来、東京・神奈川にいた頃は、いわゆる「お盆」の時期に帰省することができなかったのですが、3年前の夏、末期ガンと診断された父とお盆にふたりでここへきました。ふたりとも「長男」だからね。


子供の頃、お盆が楽しみでした。
おばあちゃんの実家の大きな農家(子供の認識なので本当に大きかったのかはわかんないのだけど)に行くと、いつも好きなだけスイカを食べさせてもらった。

スイカで満腹になったあと、持たされたお米を満載した車で今度はおじいちゃんの実家へ。キレイなアキコおばさんが、普段食べたことのないような大ごちそうを用意してくれて、そう、いま鶏の唐揚げが好きなのは、あのときの「チューリップ」に形を整えた唐揚げが刷り込まれているんだろなー。お昼ごはんのあとは従兄弟のナオキくんの部屋で遊んでもらい。いくつの頃の記憶なんだろう。小学校低学年、いや幼稚園かな。


ちょうどそんな歳の甥(1年生)と姪(5年生)を連れて妹夫婦が帰省してくれたので、ばーちゃん(母ね)と6人で墓参り。甥の姿を見て、古い記憶が蘇りました。


墓参りだけじゃチビっ子たちが楽しくないだろうということで、さらに山間部へドライブ。
世羅高原農場のひまわり祭へ。

IMG_0925.jpg

広大なひまわり畑。初めて来ましたが、ちょっと最近にない種の感動を覚えました。

ひまわり迷路を進むお姉ちゃんと弟。
彼らの目線の高さだとホントに迷路なんだよね。
IMG_0920.jpg

この夏はどんなふうに彼らの記憶に刻まれるのだろう。僕のスイカとカラアゲの記憶のように、ある日突然このひまわり畑が脳裏に広がるんでしょうか。

ん、なんかちょっと、そっちの方がいいな(笑)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。