ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

05.08.13 富士グリーンヒル(初 90 切り~!)

1 週間、びっしり始発出勤→終電帰宅で仕事してたので、ストレス極限に達し、発作的に WEB からコース予約。

世間はお盆休みの初日とあって、朝の高速や国道はかなり渋滞をおこしていましたが、コースに着いてみたら、がら~ん。
Σ(-∀-;)
考えてみれば、安い平日に回れる休みが始まるのに、なにも休日料金の日にこないでも、ってことか。

同伴者は、ご友人同士の 2 人連れと、アスリート風紳士。この方が非常にお上手で、結果を先に言うと 39 - 37 の +4 。所作もマナーも見習いたくなる立派な方でした。


さてラウンドですが、1 番ドライバーが深いラフに入っていきなりロスト。 2 ペナ。ダボスタートとなりましたが、続く2 番パー、3 番バーディ。
v(゚∀゚v)三(v゚∀゚)v
ドライバーが曲がらん。ヽ(○´3`)ノ

調子に乗ったら 4 番ロングで左に引っ掛けてワンペナ。5 オンで 10m 以上残したのでダボ覚悟でしたが、先日シャフトをカットしたパターが期待通り絶好調。ジャストタッチでナイスイン。ボギーで踏みとどまって、5 番ショートもきっちり寄せて入れてパー。ここまで 2 オーバー。

6 番。
ティショットが左フェアウェイバンカーの芝の壁に「垂直」に刺さり、さすがにこれにはお手上げ。一度バンカーに落とし、さらに横に出すという、ツライ 2 打。
でもこんな冷静な処理が出来るようになったのはよいこと。
次のショットで 4 オン、下りの 10m をびびって寄せきれず、3 パットでトリプルボギー。(×ω×;)

ここであきらめず、今まで苦手だった 7 番打ちおろしミドル。フェアウェイキープに徹して 2 オン 2 パットのパー。

8 番左ラフにいれて 3 オン 2 パットのボギー。

9 番ショート。アゲンストで届かず、右手前にある深いバンカーの上の「淵」。またかよ。。。バンカーに転げ落ちそうな格好でスタンスして、クラブ選択は 4w 。シャフトを握って軽くぽこんと叩いたらピンに向かってランニング。3m によって 2 パットのボギー。

前半 OUT 7 オーバーの 43 。ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ

後半 IN では小雨と遠雷が響き始め、ちとドキドキ。
そのせいかパットがことごとくショートし始め、後半スタートから数えて 5 ホール中 4 ホールも 3 パット。。。いたた。
ダボ、ボギ、ダボ、ボギ、ダボ。この小心者め。。

15 番でやっとパーが取れ、小雨もやんで雷も遠くへ行って、さー上がりの 3 ホール。気合入れていくぜ!

16 番 140Y Par 4 。細いグリーンのピン位置手前。すでに 8 オーバーだから、ここでバーディとらないと、残りの
2 ホールをボギー、ボギーであがらないと 90 が切れない。7 番アイアンのスリークォーターショットでピン狙い。
カッシュッ!と真芯を食ってピン脇 1m にどん。よしっ。と
かがんでティーを抜こうとしたら、「はいれーっ!」の叫び声。
はっと顔を上げるとボールがピンに向かってころころころ。

ホールインワン!ですかぁ~!!!

あ、止まった。【゚Д゚】

グリーンにあがって確かめると、カップの淵からボールの 1/3 が中を覗いている超ニアピン。息が止まって死ぬかと思いました。
これで今日 2 度目のバーディ。ピーチュv(゚∀゚v)三(v゚∀゚)vピーチュ

興奮冷めぬままブラインドホール 17 番、思いっきり振り切ったドライバーは奥の傾斜まで届いて転がって 300Y 。残り 80Y。
もひとつバーディ狙って、PWで

  だふっ。。。

グラスバンカーに入れて 3 オン 2 パットのボギー。

18番、フックしてバンカーのあごに目玉で刺さって、4 オン。。
投げ出しそうな気分になりながら、傾斜の横から 5m のスライスラインをぴったり寄せて 2 パットのダボ。ほっ。

後半 IN 10 オーバーの 46。ついに念願の 90 切り達成!!

。゚ヽ(゚´=Д=`)ノ゚。ヤッターン

今回あらためてわかったことは、トリプル叩いても、3 パットしても、毎ホールごとに、1 打ごとに気持ちを切り替えて、1 打 1 打を真剣に集中することが大事なんだということ。
同伴のシングルさんのシュアなプレーに引っ張られたのが大きいと思いますが、今日の経験は成長の新しいステップをイメージすることが出来て、非常に得るものが大きなラウンドでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。