ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PING EYE2 ウェッジ

『騒動を巻き起こしたピン社のeye2ウェッジ使用禁止に』
                    2010年3月9日14時1分

 スピンがかかりやすい角溝を禁止し、フェースの溝の容積を小さくすると同時に、角を緩やかにするという新溝規制ルール。これに適合しない角溝を採用しながら、20年前の和議の条件として使用特権が与えられていたピン社のeye2(アイツー)ウェッジが、3月8日ピン社トップとの合意によりツアーでの使用が禁止されることとなった。

 ピン社CEO会長のジョン・ソルハイム氏は“1990年4月1日以前に作られた大型角溝を持つピンEye2は(新しいUSGAルールの下でも)PGAツアーでの使用が許される”とする使用特権を放棄するとコメント。このウェッジを使用したフィル・ミケルソン(米国)をスコット・マッキャロン (米国)が非難するなど、ツアープレーヤー同士の不信感にも繋がっていたピンeye2論争に権利放棄という形で終止符を打った。

 このピン社の権利放棄は「アーノルド・パーマー招待」の翌週29日から発効され、以降のPGAツアー、チャンピオンズツアー、ネイションワイドツアーに適用されることになる。PGAツアーコミッショナーのティム・フィンチェム氏は、「ジョン・ソルハイム氏とピン社は、ゴルフゲームのために積極的に何かをする大きな機会を持っており、PGAツアーとしては同氏がこの対応をしてくれたことを感謝している」とコメントしている。

(ゴルフウィーク 3/8)


ALB201003090004[1]


だそうです。仲よき事は美しき哉、です。
ただし問題になっているのは、EYE2の中でも一部のモデルですよね。
(上の写真は初代でかつ適合モデルのはず >ALBAさん)

適合・不適合についてはこちらの方が詳しく説明されてます。
→「THE BANK OF PUTTERS

のちのドットタイプやEYE2プラスは適合なので、最初から無問題。

問題になったのは角溝の容積がでかい(草や砂の排出量が多い)から
スピンがラフからでもかかりやすい、といったことと記憶しております。

先日滋賀で、きのさんの EYE2 をちょっと借りてバンカーで使って
みたら、ぱっすんぱすん、出るわ寄るわ。
独特の奇異な形状のソールの効果に驚き、こらちょっと試してみるかと
考えていたところでした。スピンはええねん。

この論争がニュースになって以来、オークションや中古屋で高値高騰した
EYE2ウェッジですが、儲けようとたくさん仕入れた人は涙目でしょうなあwww
使用禁止となることで、値崩れ大量流出になるんでしょうか。
ちょっと探してみよっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。