ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100221 鹿央ゴルフ倶楽部

前の記事のとおり、とあるレセプションで熊本へ急遽行って参りました。

広島から2時間ちょっとで関門海峡。壇ノ浦PA。
あまり来ないんだけど、あらためて九州って近いんだよね。

kanmon.jpg


壇ノ浦PAのふく丼(ふぐ)\1,150。見た目よりちょっち期待はずれ。

fukudon.jpg


休憩込み、5時間で熊本市内へ。あえて繁華街に宿をとらず、3キロほど
離れた水前寺公園の近くのホテルにチェックイン。
駐車場のこと、部屋の広さとコストパフォーマンス、翌朝の渋滞知らずを
考えて、また飲んでも1メーター程度で宿に帰れる利点を重視。正解。

レセプションまで時間があったので、繁華街に向かう道すがら水前寺公園を
一回り。中学校の修学旅行で来たような気がしないでもないんだが、たしか
長崎だったから違う気もする。

suizenji.jpg


来賓席の居心地は非常にこそばゆいものでした。

kumamoto.jpg


レセプションから解放されて、本日の裏メインイベント。
以前から聞かされていた某所の御寿司屋さんで出される馬刺しの握り。
8カン¥1,800なれど、その価値はその何倍たるや。絶品。
本州の居酒屋なんかで出される赤身のゴムみたいなニンニク巻いて食べる
ような馬刺しらしきものとは大違い。脂が牛よりも溶ける温度が低いので
しょうか。舌の上でとろけていきます。

食後だったので2人で1人前をお願いしましたが、速攻で2皿目注文。
さらに、馬のレバ刺しなんてものヒト切れずついただいて悶絶。美味。

adachi.jpg

とまあ、熊本の夜は更けてゆき、寿司屋で終わるハズもなく、ビバ熊本!
二日酔いの翌朝を迎えるのでした。


熊本市内から下道で30分、鹿央ゴルフ倶楽部。適度なアップダウンと、
のびのび打っていけたり急にストレスをかけてきたりとなかなかメリハリの
効いた面白いコースでした。セルフで2人、コースガイドも小さなホール
レイアウトが18個並んでいるものしかなく、どこに打ちゃいいんだか、と
迷いながらのラウンドでしたが、十分楽しめました。
何せ、どうしたわけだか客がいない。。。反対側には一応コンペも入って
いたようなんですが、昼食のレストランにはうちら含めて4組ほど。
メンテナンスも十分されているし、タマタマなんでしょうかね。

kao1.jpg

ワンハンやって、50-53-49。
アウトの3番とか何発まっすぐ打っても、落ちたとこから右に跳ねて
OBとかねえ。毎ハーフ、2ケタホール出したもんで。。。

kao2.jpg

従業員の方も感じよくて、大変でしょうけど頑張ってください。

コースをあとにしたのが夕方5時。ここから5時間かけて広島に帰ります。
ゴルフメインじゃなかった弾丸でしたが、旅ゴルフは楽しいねえ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。