ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の練ラン1.5

真夏日が予想された月曜祝日、仲間のガチ系で練習ワン半。
気温は高いながら、幸い太陽は1日雲にさえぎられて
快速ラウンド。真夏日予報でキャンセルが相次いだよう。

寝坊してパタ練も無しでスタートしたせいで、出だしから
トリトリダボダボ。どっち向いて打ってんだ?
ショートのパーで立て直し、残りボギパーボギパーの48。

ティーショットをラフに入れても、かまわずグリーンを
狙って行って、乗らず寄らず入らずのダボ、というのが
いつまでたっても治らない悪いクセ。
深い夏ラフがあらためて反省を迫り、今日はフェアウェイ
外したらショートアイアンで脱出のボギー狙い、と決めた。

インコース、14Hまでずっとボギー、15Hロングで
崖下に落としダボ、残りパーボギパーで44。18パット。
できたできた。これでいい。

ラストハーフで再びアウトコース。
7Hで1ペナのダボ打って、パー×3、ボギー×5の43。
セカンド以降は上出来だろう。


ニュードラのコンダクタープロ、きっちり振り切らないと
必ず軽スラ。フェアウェイに落ちて右に転がってラフ、と
いうのが多い。だからって左端を狙うという丁寧な芸当は
できないんだな。
フェアウェイキープできたホールは、ほぼパーセーブ。
チョロトップで150Yしか飛ばなかったホールでさえ
ちゃんとパーとれてんだから、いかに距離よりも精度か、
ということなんだよね。いまさらな話。

1度フックのインプレスに戻す、という安直な手もあるの
だけど、きちんと打ってフックするようになったから
同サイズヘッドのストレートなコンダクタープロにした
経緯もあり、インプレスに戻すと左が怖い。
8割加減でスイングキープ、次回はコレだな。
(要は忘れるからこれ書きました w)



最新ゴルフブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。