ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

長いの

タイムリーに今週のゴルダイでFWやUTの組み合わせ
について特集記事がありましたね。

週刊ゴルフダイジェスト


14本の組み合わせ

関東はショートウッド使用のトップアマが多くて
関西はテクニカルコースが多いのでユーティリティの
使用アマが多いそうで。

僕はどうかな。
ギアについてまじめに興味を持った3年前からの変化。

◆1W:4W:7W:4UT:5~P:W×3
 このときはスプーンなんか打てると思わなかった。
 ティショットはショート以外ほぼドラふりまわし。
 4Wに挿したアウトレットのEI-70は最高でしたね。

    ↓    ↓    ↓

◆1W:3W:5W:7W:4UT:5~P:W×2
 ティショット専用にスプーン入れて、スチールシャフト
 のクリーク入れてました。ロングの2打目はコレ1本。

    ↓    ↓    ↓

◆1W:3W:5W:7W:4UT:5UT:6~P:W×2
 崇拝するトップアマの猿真似で「ラクに2打でグリーン近く」
 を目指すも、グリーン周りが下手で失敗。(←あほ)

    ↓    ↓    ↓

◆1W:3W:5W:7W:9W:5~P:W×2
→1W:3W:5W:9W:5~P:W×3
 スチールヘッドⅢの9Wがべらぼーに良く、7Wと距離も
 かぶるので7W抜いてウェッジを増やした。


とまあドラとアイアンの間の試行錯誤は濃密にやりました。
さらにこの間にチョコチョコ入れたり抜いたり買い換えたり。
下手がギアのせいにし続けた歴史ですな(恥)。


今回、総入替の新装開店ではこのように。
◇1W:3W:5W:3UT:4~P:W×2

0806setting2.jpg

1W : マルマン コンダクタープロ 9.5° S
3W : ツアーエッジ EXOTICS 15° X w/N.S.Pro TOUR
5W : ナイキ T-60 19° S  w/Diamana S73
3U : コブラ Baffler Pro 3/R 20° DGS-200
4I-PW: コブラ 2008 Pro CB DGS-200
AW : サカモトゴルフ SMG 52° N.S.Pro1150
SW : サカモトゴルフ SMG 56° N.S.Pro1150
PT : Yes! Carry Forged 33′

距離差だけでなく各FW、UTの役割をはっきりさせました。

3Wは正確性を要求されるホールでのティショットに多用する
ために、シャフトを変則的に硬くXに。芝からのロング2打目
で直接グリーンを狙うことはしません できません。
13度のドライビングスプーンという手もありますが、主に
ティショット専用とはいえ芝からも使うので15度。

とりあえずグリーン手前に打っとけ!なときは19度の5W。
フルに持ったり短く持ったり、高くも低くも結構自在。
ディポッド跡から拾って低く一直線で170Y先にグリーンオン、
なんて芸当もしてくれます。1万円ちょっとで思わぬ拾い物。

あと関東なんだけど千葉のコースみたいに広くないホームは、
どちらかというと関西コースに近いので、高く上がって風の
リスクがある7Wよりは、アイアンの弾道に近く3鉄より
ラクに上がって、4鉄と距離差が出せる3UTを選んでます。

5W,3UTが安心できると、ティショットにためらわず
スプーンが持てるのがGood!特に、かっ飛ばしたくなる
ロングホールはドライバーの落ちどころに突き抜けの池や
砂場、絞ったOBが多いので、曲がらないスプーンでハザード
を逃げて、5Wや3UTで100Y以内へ。AWでワンピン、と
いうのがロングの定石になっています。

まあ能書きどおりにいくわけでもないんですが(w。


最新ゴルフブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。