ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.04.29. 富士グリーンヒル

予備のカートまで出して大混雑のホーム。
練習レンジも打席待ちでごった返し。 @@;)

遅いスタートで予想通り片道3時間コースの
ラウンドでしたが気の置けない同伴仲間との
2ヶ月ぶりのラウンドはひたすら楽しかった。

快晴無風、気温は20℃を超え、半そでポロと
春もののニットベストでは途中で暑くなるくらい。

ドラは快調、セカンドのアイアンも絶好調に、
びしっとスピンのかかった高い弾道で、
ぐんぐんぐんぐん、、、、奥にOB、、、、。あら?

練習でうすうす気づいてはいたのですが、アイアンの
飛距離が2番手近く伸びていました。
正確には、いままでドラの飛距離に対してアイアンは
飛ばな過ぎだったのが、まともに打てるようになった、
というのが正しい。
なにをどーして、という能書きは割愛しますが、
左足1本で立つフィニッシュが自然とできるように
なったことで、ヘッドが加速しながら当たってるみたい。
ぐいんっ!と伸びて高く上がる、気ン持ちイイ球。

快感に包まれながらフィニッシュのポーズのまま、
弾道に酔いしれ、、、、、直後に落胆。
ことごとくグリーンオーバー。

短いロングのセカンド、4鉄でグリーンの奥の斜面に
入れて、濡れたラフからザックリ4回、上から3パット
の「9」を打った。。。
6鉄手前からなら悪くてパーも獲れように。

続くショートでびびって番手小さくしすぎて右手前ラフ。
引き続きザックリ病に悩まされてダブルパー。。。

そんなこんなが続きスコアにはなりませんでしたが、
半分はパー取れたし、アイアンの飛距離は慣れの問題と
いうことで片付けて、完全に忘れてるショートアプローチを
思い出すことにします。



最新ゴルフブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。