ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パターの練習

寝ているときとメシ食っているときと風呂とトイレの時間以外、
9 割 5 分の時間はリビングでテレビを見ながら、パットの
練習をしている。

面白いとかツマランとかいうより、すでにパターを持っていないと
パンツを穿いてないくらい落ち着かない。ライナスの毛布?

パンツで思い出したが、帰宅後は風呂のスイッチをいれ、
スーツを脱いで、ネクタイを解き、、、、、その格好で早速
パターを持つ。あまり人に見せられる格好ではない。

パターの練習はつまらない、という人も多いけど、
あんまり真剣にやらないのがコツだと思う。

何のための練習かといえば方向とか距離感とかいろいろある
だろうけど、マットと実際のグリーンは足元の傾斜も違えば
重さも違うから、方向も距離感も実際とは違う。

だから、距離感を養う、というより一定の距離と方向を無意識に
出せるようになるか、というのが一番大事だ。


私の場合。

ちらっと足下を見てボールをセットしたら、テレビの画面を
見ながら打つ。
カコーン♪と音がしたらまたボールを寄せてコツンの繰り返し。

ボールを凝視して打つと、どうしてもテイクバックでパターヘッド、
インパクト後はカップを見てしまう。「後」ならまだいいが、
ともするとインパクト「前」に見てしまう。本番でやる、アレ。
正面のテレビ画面を見ることで視線を「縦」に動かし、
横に動かせないようにしている。

妻がいない、もしくは承諾が得られた場合(笑)、もちろん
画面はゴルフチャンネル。トーナメントをやっているときは、
選手の振りにあわせて振ってみるのもカンを養うのにいい。

最近は 7 つのボールを次々打って、カップを通過したあと
同じところにきっちり集めるのを狙っている。
距離感、タッチ、出球のスピードを同じにしなければ、
同じところに集まらない。

合格~!



余談ながら、我が家では私が料理することも多いのだが、
当然そばにパターが立ててある。
煮炊きの合間に絨毯タイプの台所マットの上でコツンとしている。





ランキングに登録しています。読後のクリックをお願いします。 

ココをポチッ!⇒ 人気 Blog ランキング

いつもありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。