ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左→左の解決

アイアンが左に飛び出して左に曲がる話の続き。
ライ角調整を見込んで専属コーチに見てもらったが、
こういうときに限ってまっすぐ飛ぶ(笑)。

調整は見送り。昔のアイアンに比べてヘッドの
返りやすい構造が災いというか幸いというか。

一人残って勧められた「スライスを打つ」練習。
スライスを打つつもりで打ってまっすぐ飛ばす。

溶けたマットがソールにべったり。
悪いときはトウ側やヒール側に偏り、リーディング
エッジ側に貼りつきますが、よいショットのときは
トレーディングエッジ側にもしっかり。ギア効果。

トップからシャフトの角度を保ったまま平行に、
真下に落とす感じを久しぶりに思い出した(忘れてた)。
意識では真下に落ちているけど、身体が回っている
ので実際にはこれでやっとプレーンを通る。

トップからクラブを手で下ろすとシャフトが立つ。

アウトサイドイン軌道になって、手首固めてフェースを
目標方向に向けていたらフェード、返してチーピン。
返さないまでも返っちゃって左→左、ってワケ。

ノーコックのトップのまま、クラブは重力に任せて
身体を入れ替えるだけ。意識的には真下に平行落下。

仕上げに、限界までゆ~っくりの3/4スイング、
50度のAWで2カゴ100球打っときました。
こんだけ打っときゃいい加減おぼえるだろ。



最新ゴルフブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。