ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○を◆◆に▲▲

骨格や関節のつき方は人それぞれあるんだと思う。
だから僕の場合。

肩幅より少し狭いスタンスで、つま先を30度程度開いたときと、
開かないでつま先とかかとを平行にしたときとの比較。

肩でパッティングしたとき、つま先を開いていると腰骨が上下
し、つま先をかかとと平行にすると下半身は微動だにしない。

実際にボールを打つ。つま先を開いていると打点が狂う。

同じことはショットにも言える。
特に右のつま先が開くと、テイクバックは深くなるが
かかとに体重が乗らず、外側の側面に体重が逃げる。

両足のつま先とかかとを平行にして、股関節とひざを折ると
おネエな内股になる。
そこから左右のひざ外側に(太ももから)開くようにすると
下半身がびしっと安定しつつ滑らかに動く。
尾てい骨周りの筋肉に適度な緊張感と力がこもる。

股関節を閉めるように下半身を突き出して右に乗ると
体重は右かかとでしっかり受け止められるので、
そのまま左の軸を中心に右尻をコントロールできる。

たかがアドレス、たかがつま先。
こんなに変わるのは僕の骨格がおかしいのか???




最新ゴルフブログ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。