ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブの流れ

きのしゅんさんがギアのデータについて記事にされていたので、
自分のセッティングデータを公開することにしました。

いつもの工房で計測器具を「借りるで~」と使わせてもらって
計測したものです。長さと重さは自宅にて。

おたくな表

クリックすると別ウィンドウで拡大します。


リアルロフト、ライ角、クラブの長さ、重さ、振動数、バランスを
表にまとめています。

きっかけは中古で手に入れたアイアンのロフトとライ角が
ひどい状態にあったのを調整してもらったことからで、
きっちり調整したアイアンをベースに、その流れに沿って
グラフにするとおよそ一直線上にプロットされるように
ドライバーとフェアウェイウッドのリシャフトを行いました。
いわゆる「重量マッチング」というやつです。

そうすることで、同じリズム同じスイングで全番手を打つ
ことができる、とまあ聞きかじったわけです。

グラフにすると、このとおり。
先日入れたニッケントのアイアンウッドがやはりまだ少し硬めなのと、
9 鉄だけバランスがちょびっと軽いのが表れていますが、許容範囲。
4 番ウッドは芝の上から打つことを前提に少し重量を落としました。

マニアなグラフ


クリックすると別ウィンドウで拡大します。

データオタクじゃないし、性格は大雑把なんです。
ただ、スイングが悪いのかクラブが悪いのか、わからないまま
堂々巡りをしたくないので、徹底的にクラブの要因をなくし、
直すのは自分のスイングだと追い込みたかったのです。

もう逃げるところはないぞと(笑)




ランキングに登録しています。読後のクリックをお願いします。 

ココをポチッ!⇒ 人気 Blog ランキング

いつもありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。