ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の落下

言葉ではタイヘン説明しにくいのですが備忘録がてらに。

トップのポジションから腰を切って手元を右腰にひきつける時、
まっすぐ直下に落下して来ているらしい。
コックを解かず、というかダウンスイングの途中でガルシアの
ように、よりコックが深くなってインパクト直前にグリップが
ターンしているらしい。

らしい、らしい、というのはビデオにとってスロー再生した
ワケではないからですが。

半径がクラブ分しかない円弧でインパクトを迎えているから
球の高さが極端にばらつくことがあるように思う。

抑えてラインを出しているときはあまり問題ないのだけれど、
ショートアイアンでうっかり振ると極端にフックするのも
このあたりが原因ではと思っている。

切り返し以降、一度ヘッドが外を(後方を)まわって降りて
くるよう意識したらちょっといい様だ。

ただしうっかりすると意図的にキャスティングさせてしまうし、
せっかく手を使わなくなったのに、また手先に意識が向いて
しまうことにもなりかねない。

ノーコックで作ったトップから、手首から先ではなく、肩から
先を残して腰を切るイメージでうまくいった、らしい(笑)。




ココにもたくさんノウ○キがある、らしい♪
  ↓↓↓   クリックしてくださいね。
人気 Blog ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。