ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディメンテナンス

13 年前に大きな追突事故にあい頸椎を痛めた。
そののちギックリ腰を繰り返すようになり腰椎ヘルニアと診断。
7 年間整形外科に通ったが注射で痛みを抑えることしかでき
ず、代わりに体調がすぐれなくなって通院をやめた。

約 4 年前にゴルフを始めて、腰周りに筋力がついたせいか、
しだいに腰痛から解放され、何気なく「骨盤矯正」の看板に
興味を惹かれて入った治療院で数回施術してもらってからは
腰痛はほぼ全快した。


並行して 6 年前からストレスを強く感じるようになり、
一時は心療内科のお世話にもなった。すぐ疲れやすい、
ソワソワが静まらない、顔や頭の芯が火照るなど、いわゆる
自律神経失調症。

これもゴルフを始めたことで週末を強制的に仕事から脱出し、
心理的なバランスをなんとか保てるようになった。

マッタク心身ともにゴルフには助けてもらいました。

  でも。


ここのとこ ON/OFF 全開で張り切りすぎたせいかダウン気味。
そこで終業後に会社の近くの治療院を紹介されて行ってみた。

簡単な筋反応テストを行ったら驚愕の結果が!

左右の外転筋、右の大臀筋、左のハムストリングスが、
押される力に対して抵抗できない。
つまり筋肉として機能していないらすぃ。。。

  Σ(゚Д`;)ハァ??


脳から動けと言う命令が届いてない状態で、働かないそいつを
周りの筋肉が無理して代わりを務めてなんとか動かしている
状態なんだそうだ。上記の通り右の尻と左のモモ裏が機能停止
しているせいで左右のバランスも総崩れ。これでは立っている
だけでも相当疲労しておかしくないとのこと。。。
このような慢性疲労から自律神経失調症やうつ病と診断される
ことはよくあるそう。


特に外転筋(左右に開脚する筋肉)の怠慢は特筆に値し、
先生が「片手」で閉じようとする力にさえ抗しきれない。

これじゃスエーしないようにいくら注意しても流れるし、
特にラウンド後半のドライバーが力弱くヘナヘナ曲がりだす
のも納得がいく。

普段からトップオブスイングでは右の尻がビリビリ痺れる感じ
がしていて、単にカラダが硬いとばかり思ってた。


10 分程度、仰向けになりうつぶせになり腰掛けて、あちこちを
ひょいひょいひょいと撫で回されておしまい。

これでどうでしょう、と外転筋や大臀筋、ハムストリングスを
もう一度テストしたらグッ!と力がこもる。

   Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~  なんだこりゃ!

週 1 回、あと 2 回通えば完治するでしょう、とのことでした。


外に出て歩き始めたら、下半身に弾力を感じる。
例えれば、いままで慣れない下駄はいてギクシャク歩いていた
のが、最新のハイテクシューズを履いているような変化。

背中の甲羅も時間が経つごとに軽くなり、頭の芯や顔の熱感も
取れた。目の疲れも引いて景色が明るくくっきりしてくる。


帰宅してクラブの素振りをしたら、深くトップまで周り、
尻もマッタク痺れない。腰から粘っちく切り返せるみたいだ。
うひょー、球打ちてー!!

  キャ━━━(*´∀`*)━━━ !!!!!


もちろん今朝も寝覚めスッキリ!
タイシタ効果に驚いています。どうも不調で、という方、
一度カラダのズレとか見てもらうといいかもしれませんよ。


大事な体のメンテナンスは人気ブログに♪
  ↓↓↓   クリックしてくださいね。
人気 Blog ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。