ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロ化計画

X-16 Pro を衝動的に購入し、打ってみたところ大正解。
いままでの 300 フォージドのセットはサブにとっておくとし、
キャロセットの編成が脳みその 95 % を占めております(笑)。


X-16 Pro は 3 番アイアンからピッチングまでとアプローチの
計 9 本。なぜかアプローチだけダイナミックゴールドの SL が
挿してあり、ピッチングより軽いのでセットからは除外。
超愛用のサカモトウェッジは手放せません。

ピッチング 46 度、6 番まで 4 度刻み、3 番まで 3 度刻み。
9I:42 、8I:38 、7I:34 、6I:30 、5I:27 、4I:24 、3I:21 。

3I、4I も練習場では苦もなく打てましたが、やはり 5I 以下
よりミスは出ます。まっすぐ出てスライス。捕まえきれてない。
セットのテーマは「見栄張らない、無理しない。」

アイアンを 5I ~ PW にして、AW、SW とドラ、パターは確定。

あと 4 本をどうするか、だ。

キャロ病感染のきっかけになった 23 度の スチールヘッドⅢの
9 番ウッドをいれましょう。すると 10 度のドラから 23 度の間
に 3 本。普通に考えるとスプーン 15 度、クリーク18-19 度、
7 番ウッドで 20-21 度、といったところか。ふむ。

いままではスプーンとクリークの役割をバフィー 16.5 度の
1 本で済ませてきましたが、ティーショット専用スプーンを
欲しくなってしまい、あやうく大失敗しそうになったので
今回はスプーンとクリークをいれよう。

2004 ビッグバーサやビッグバーサチタニウム等を物色するか。
シャフトは純正カーボンで重さがあってくれれば最高。

それから 7 番は 9 番にあわせてスチールヘッドⅢかな。
シャフトはもちろんユニフレックススチールで。

もしくは 4I、5I を UT にするという手もあるね。
新しく出た X ユーティリティの US モデル、X-Hybrid なんて
重量的にもばっちりだしシャフトはユニフレックスだし。


  ああっ!楽し~いっ!!


原資は rac CB Forged と 300 Forged の NS1050 を
入れている方の 2 セットを売却の方向で。
あわせて 6 万弱で買い取りをしていただける模様です。
追い銭 3 ~ 4 万といったところでしょうか。えへへ。



ランキングに登録しています。読後のクリックをお願いします。 

ココをポチッ!⇒ 人気 Blog ランキング

いつもありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。