ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂上の楼閣

トラブルから数週間に及んだ修羅場もようやく
収束し、今週はバーンアウトしてます。ぽけー。

昨日は珍しく定時に退社し、飲みの誘いを断り帰宅。
湘南は小雨交じりの強風で日頃は行かない練習場へ。


前の打席では壮年の小柄な男性が練習場プロの
レッスンを受けていた。

「もっと手首力抜いて、ラク~に振りましょう。」
「足の幅を狭くして。肩幅より狭いくらいで。」
「グリップももっと軽く。」

聞かないつもりだったが、耳には入ってきて、
影響されたかダフリとシャンクが止まらなくなった。

気がつくと左小指が緩んで、腰が前に出て、内股で
チョンポ挟んだおかまみたいなスイングになっていた。

や~ん。


後ろの打席には、森三中の真ん中を巨大化させた
ような男性が来て、ズーバックばりに打ち上げ花火
を上げ始めた。

ボカーン!バキャーン!カーン!
天井に反響してやたらうるさい。
ネットの端から端まで使いながらご満悦な様子。

張り合うつもりはなかったが、当たりのよかった
ドライバーは次第にローチーピンやらプッスラやら
出始めてしまった。

目一杯インに引いて、コック深くして、伸び上がって
腕っ節で叩きつけていた。

改造台無し。


前の打席では、生活感が滴り落ちてそうなプロが、
着ているウィンドブレーカーと同じ、高いことで
有名なメーカーのアイアンを男性に勧めていた。
「○○さんにはあうと思いますよ。」

何を使っても同じだと思ったが余計なお世話だ。


森三中がバスタオルで汗を拭きながら帰っていき、
カタログを渡された男性がプロにまとわりつかれ
ながら帰っていった。

静かになった打席で、納得のいくスイングを取り戻す
のには小 1 時間かかった。蛍の光が鳴りはじめた。

また忘れるのでちょっとメモ。
*左小指の締め
*ノーコック&縦の動き
*股関節の動き
*手首や前腕を返さない。肩で捕まえる。

簡単に周りに影響されて崩れる、まだ借り物のスイング。
身体に染み付くまで、あとどれくらいの時間がかかるのか。
ちょっと凹んだ。



イカナイ方ガ ヨカッタカモネ ? と思った方はこちらをクリックお願いします。
     ↓
[ 人気ブログ ランキング ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。