ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

改造効果よしあし

今日の湘南地方は 20 ℃を超える陽気。
海沿いの練習場では半袖のお父さんたちで一杯。
11 月だよ?

今日のメニューはショートアプローチ中心。
平地からのサンドウェッジ、いまでは結構得意ワザ。
バンスから入れてボールの位置で上げたり低く出したり。
狙い目に落としてトン、キュ!トロロロ。ところが。

昨日出くわしたのは盛り上がったグリーンの周りで
強めの左足上がりとか、スピンのかからないラフとか。

やりつけないランニングを使わないのが裏目に出て、
サンドことごとくチョン乗せに終わる。

やっぱ練習しよう。。変えたショットと同じイメージで。
9 番アイアンで 10Y のキャリー。腕の三角形と身体との
距離を変えず、足の送りだけで打つ練習。手は落とすだけ。
つい手を使いたくなりますが、使うとトップでカツーン。

20 Y 先にもっこり 2 カゴ分 球が集まったところで終了。
一度にできるものでもないし、毎回続けようと思います。


本日もうひとつのメニューがアイアン。
昨日ショートでことごとくオーバーし、ミドルのセカンド
もグリーン奥にばかりついて苦労したのですが、どうも
スイング変えて、いまさら飛距離が伸びているらしい。

先週は練習場が混んでいて、距離のつかみづらい奥の打席
から打っていて気づかなかったのですが、たまたま今日は
旗に向かって正面の打席が幸い取れたのでフルショットを
何発か。旗まで 6 鉄だったのが、 8 鉄で届く。
6 鉄打つと、ワンバウンドしてネットに届く。あれま。

ノーコックで深く肩を入れて、手を上に置いたまま、左足
で受け止める用意ができたところで右足を蹴りつける。
右手が常に左手の上。フェース返さず左に振り切る。
それだけのことですが、打感も厚く心地よく、シャフト
のしなりも感じてうまくシャフトが使えているようです。

いままで 7 鉄で 145Y を基準にしてきましたが、160Y の
目安に修正。

PW 130Y, 9I 140Y, 8I 150Y, 7I 160Y, 6I 170Y,
5I 180Y, 4I 190Y, 9W 200Y, 7W 220Y, 4W 240Y。

レンジボールじゃわからないので、実戦で修正します。

フェースの寝た古いアイアンで飛びすぎるのもちょっと
困る気もするのですが。少しでも手が出ると右に飛ぶし。

ただでさえ 100Y 未満が下手なところにもってきて、
ピッチングで 130Y 飛んでどうするの?
AW 1 本では対処しきれないので、100Y はピッチングの
ハーフショットで打つことになると思います。

ゼータクな悩みかもしれませんが、リスクとスコアへの
影響を思えばあまりいいことじゃないかもしれません。

あと、股関節がジンジン痛い。。。明日歩けないかも。




マンブリしかできないんでしょ。。と思った方はこちらをクリックお願いします。
     ↓
[ 人気ブログ ランキング ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。