プロフィール

MASK

Author:MASK

Twitter はこちらで♪
広島在住 42歳♂
2003年4月 湘南でゴルフ開始
2004年6月 100切り
2005年8月 90切り
しばらく鳴かず飛ばずで...
2007年1月 ハーフ30台到達
2007年7月 70台達成(79)

2008年10月 広島にUターン

メールはこちら

最近の記事

現在の位置

ゴルフ☆ジャングル ~広島死闘編
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年04月

カテゴリー

facebook

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ジョグノート

RSSフィード

携帯からご覧になれます

QRコード

ゴルフ☆ジャングル ~広島死闘編

ゴルフは頭脳の格闘技だ!   

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

新車購入

2010/04/23 [Fri]09:28
category: 未分類
残念ながらアタシが乗る14年落ちのポンコツではなく、うちの棟梁の専用車。
前の軽トラを10年近く乗って最近あちこちガタきてるので買い換えました。

ダイハツ ハイゼット エクストラ 460リミテッド !!!
460-1.jpg

460ってのは棟梁の名前がシローさんなんでwww 460ccじゃありません。
460-2.jpg

で、なにがリミテッドかというと、このヤグラ。当社設計メーカー特注品。どだ。
460-3.jpg

ちゃんと床まで脚が降りて、緊結してあるんです。
460-5.jpg

重い材木を運んだりするときの安全性と耐久性に配慮した大工仕様!(^o^)
普通はここまでしかないんです。リアウィンドウのすぐ下まで。(カタログ)
460-4.jpg

そのヤグラに、脚をかませた道具箱をさらに緊結し、荷台にはゴムマットとベニア板。
道具箱を浮かせてあるのは、その下のスペースに規格寸法の合板類を挿し込んで運べるようにするためです。せっかくだから道具箱も新調すればいいのに>棟梁。。。
460-6.jpg

子供の頃、『はたらくクルマじてん』みたいなのに熱中したことがありますが、それぞれの職種や必要な機能に特化した業務用の車というのは非常にカッコいいと思います。


でもさー、軽トラっていってもオートマ、パワステ、パワーウィンドウなんですよ。
60代半ばでも現役バリバリの棟梁に少しでもラクしてもらうために。

スポンサーサイト

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

再び輝きを

2010/04/21 [Wed]18:32
category: ゴルフのある生活
いつもと違う道を通ったら、こんな素晴らしい壁画に会いました。

RIMG2682_900x900.jpg

RIMG2684_900x900.jpg

RIMG2685_900x900.jpg

RIMG2686_900x900.jpg

広島に長く住んでらっしゃる方はみなさんご存知なんでしょうね。
なんとその場所は広島拘置所。Uターンして1年半経つのに、恥ずかしながら知りませんでした。広島城築城400年を記念して広島市が企画し、1989年11月に完成した壁画で、20年経った昨年から作者の入野忠芳(70)さんが五年がかりの修復作業に取り組んでいらっしゃるそうです。
RIMG2688_900x900.jpg

思わず車を降りて、「こんにちわ。すごいですねー。」と声を掛けると、
「いやあ、ご迷惑かけます。」と。快く写真を撮ることにご了承頂きました。

最近やっと、広島が楽しい。

入野忠芳さんのホームページ(たぶん ^^;)
http://www.geocities.jp/irinoo/hekiga.htm

テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

ディスカバー広島

2010/04/20 [Tue]14:49
category: ゴルフのある生活
アイルランドから岡山の古民家に移住してきた親友夫婦(中央)のところに、アイルランドからお友達の女性(右)が来日し、広島に遊びに来られました。
100418_miyajima1.jpg

クレアさん。大変美しく、気品と知性を感じる大人の女性です。ショーン(親友のダンナ)によれば、母国ではトップクラスのサイコロジスト(心理学者)さんなんだそうです。
どうりで。

定番だけど、日本三景、安芸の宮島。
僕は子供の頃から毎年の初詣や学校のマラソン大会とかで数えきれないくらい来ていますが、あらためて県外、つーか国外の人たちをご案内するのは初めて。
英語が堪能で、心くばり美人なお友達のノリちゃん(左)に応援を頼み、いざ宮島探訪。

水上神殿の厳島神社ではこの日、偶然にも能舞台で能や狂言をやっていたり、結婚式をされていたりと今まで僕も目にしたことがない光景に遭遇することができました。

おっと、宮島に来て厳島神社だけで満足しちゃいけませんぜ、お客さん。
参道の対岸にある松並木を歩き、小さな清盛神社の裏手にある静かな茶屋で昼食。
唯一神信仰の外国人からみると、日本における神道と仏教の混在はすごく不思議に見えるそうなんだけど、それをすっかり日本通のショーンが彼らの文化との違いを上手に説明してくれていました。まあその話は長くなるし本筋とは違うので割愛。

そこから静かな坂道を登って大聖院に。鎌倉育ちで神社仏閣マニアいや目の肥えているズンコ(親友)があっけにとられるほどに、これでもか、な荘厳な建築は一見の価値はあります。
そのあとは紅葉谷公園、千畳閣、町家通りを抜けておみやげ通り。
焼きたてのもみじ饅頭をバラで買っておやつに。
初詣の時と違ってゆっくりと、仲良く話しながら巡る宮島には、僕にも新鮮な発見がたくさんあって、とても素敵な小さな旅でした。

夕暮れが近くなり、広島市内へ車を飛ばして、クレアの本来の目的地、広島平和記念公園へ。
クレアには、日本にいるうちにどうしてもヒロシマへ行きたかった理由がありました。

彼女のボーイフレンドのお父さん?おじいちゃん?どっちか忘れた、は戦時中ニュージーランドの海軍で船に乗っていらして、彼の隊は、原爆投下直後ヒロシマの爆心地で被爆者救援活動のために上陸。幸いに彼は船に残るチームだったけれど、上陸したチームの兵士は帰還後に次々と亡くなられ、船に残った彼も、黒い雨の影響でしょうか放射能被曝の影響が出て長年ご病気に苦しまれているのだそうです。
クレアはハンドバッグから彼の回復を祈るメッセージを中に書いた小さな折り鶴を取り出し、ひとりで長い時間祈りを捧げていました。その折り鶴を『原爆の子の像』にある折り鶴台に納め、ライトアップの点灯した原爆ドームを最後に見てクレアのヒロシマの旅が終わりました。


終わり?まだ帰さんけぇー。広島名物お好み焼き食べていかんにゃー!ってことで、流川の「へんくつや」さんへ。
戦後の屋台を先代が始めて創業60ン年の正統派お好み焼き屋さん。
お口にあったようでよかった。ノリちゃんもおつかれさん。大助かりでした。
100418_miyajima2.jpg

新幹線の終電を確認し、さらにもう一軒。
アイルランドといえばギネスビールです。ギネス、馴染みのビアバーの看板ビール。僕はここで必ずギネス飲んでる、って言うとなんとクレアの自宅のすぐ近くがギネスの本社工場とか。
人の縁、出会いとは面白いね。しょっちゅうここでギネス飲んでたのは、いつかクレアと友達になることがわかってたみたいだ。
ズンコとショーンにアルゼンチンタンゴ踊ってみせてもらったり、とことん楽しく、ギリギリの時間まで、よくこんなに話すことがあるねってくらい話に花が咲きました。

アイ「ス」ランドの火山の噴火で、いつアイ「ル」ランドに帰れるかわからなくなっちゃったクレアさん。
もう1回でも2回でも、また広島に遊びにおいで。(>ズンコ 訳せ)


テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

100417広島佐伯カントリークラブ

2010/04/19 [Mon]16:02
category: ラウンドレポート
CA390140.jpg

3月の中頃、亡父が深く広くお付き合いしていた会社さんからゴルフコンペのお誘いを会社宛にいただきました。景気低迷の折、2年前のコンペを最後に開催を自粛していたけれど、ようやく回復の兆しが見えてきたので今春から再開するとのこと。

父が若い頃から可愛がっていただいた幹部の方々は、当然すっかり引退されているはずで出欠の返事に迷ったのですが、せっかくなので参加を申し込みました。

本音をいうと、サラリーマンコンペは好きじゃありません。
ゴルフは大して好きじゃないけど年に1,2回のコンペの時だけゴルフをする、そんな忘年会感覚の人たちが大声で騒いでスロープレーおかまいなし、みたいな
イメージが強いもので。

スタート前ミーティングに集まった参加者の皆さんは、事前の心配が吹き飛ぶ上級者の雰囲気がただよう方々がぞろぞろ。。。。おろろ。
うかがえば、この会の始まりはかれこれ数十年前、現在の役員さんがペーペーの頃から既にあって、非常に厳しく鍛えられるとかなんとか。
この会から企業対抗戦にも出ておられるとか。こりゃ大変だ!!!

同組でご挨拶いただいた総務部長さんに、
「お父さんにはすごいお世話になったんですよー。マナーに厳しくてねー。」
と、言っていただき、次々とまわりの役付きの方々へご紹介してくださいました。
どの方からも、父を懐かしんでのお言葉とともに歓迎の言葉をいただきました。

みなさんからのご配慮で緊張も解けた頃、最終組でスタート。
解けてないや、トリ、ダボで2ホール消化。(笑)
3ホール目でやっと堅くナイスボギーが取れてからはバーディ含む前半46。
トリ、ダボ、ボギ、ボギ、ボギ、ボギ、バーディ、ボギ、ダボかな。

後半もやっぱりスタート直後はよろしくなくて、3ホール目からやっとパーを拾いはじめ、なんとか帳尻あって45。計91点。ここのところの成績に比べたら大変よくできましたなスコアです。上等です。

余談ですがこの冬はクラブのチューンナップやら、グリップ、スイングの改造やらで、すっかりゴルフがワヤになっていましたが、クラブ一式を替えてスイングをもとに戻して、謙虚にコースを攻めた結果、以前のスコアが取り戻せたようなんでちょっとほっとしました。やれやれ。

ところでみなさんまーグッドプレーヤーで速いし上手いし楽しいし、僕は最終組だったのですが、ほとんど待たされることもなく、事前の先入観と正反対の、すごい会社コンペでしたよ。ホントに楽しいゴルフでした。


表彰式、グロス6位ネット7位のラッキーセブン、あーんどニアピン総取り。
40人のコンペでニアピン独占は初めてです(嬉)。

100417_1823~0001

嬉しすぎて帰りの駐車場でトランクの上に並べてぱちり(恥)。

かつて父はこのコンペで頻繁に上位やベスグロ、ニアピンをいただいていたそうで、「お父さんのDNAだ」とか言われて恐縮しまくり。

でも一気にたくさんの人に覚えていただくことになって、その意味でも最高の成績だったと思います。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

100409 広島カンツリー倶楽部 八本松コース

2010/04/10 [Sat]21:18
category: ラウンドレポート
広島随一の名門、2007年までウッドワンオープンの開催されていた、
広島カンツリー倶楽部 八本松コース。
一度はまわってみたいコースでありながら、会員の同伴もしくは紹介がなければプレーできないし、お値段もまー普通の2回分?は覚悟しなきゃなんない。

いつかは、と思ってたら、東京で卒業した大学の、広島同窓会で親睦ゴルフをすることになって、ここに決定。
案内に参加費の書いてない、寿司屋の時価みたいなゴルフのお誘いでしたが、そうそう機会があるもんじゃなし、大先輩の方々の末席に加えていただくことに。


CA390141.jpg

300Yの練習場。いきなり贅沢な広さです。

コースも松林にセパレートされてOBも少なく一見広くて易しそうなのですが、たくみにハザードや松の樹が効いててかなり戦略性の高いコースでした。
ショットナビで測って260Y前後のドラショットをフェアウェイに打っても、そっからダボとか簡単にやらかします。。。グリーン奥に落としたらノーチャンス。

松といえば大洗ゴルフ倶楽部を思い出しますが、海じゃなくて山にある大洗。そんな感じ。ちょうど3年前でした、大洗でボロボロにされたの。。。

CA390142.jpg

松も見事でしたが、幸いにちょうど桜が満開で、最高に美しい時期の八本松。

IN-OUT 49(15)-50(21)で99(36) 。。。

事前に聞いた話では、昔行った時に年輩のキャデイさんに馬鹿にされたとか、90点以内じゃないと文句言われるとか、、、。ぜんぜん。

午前の研修生キャデイ君も、午後の若い美人キャディさんも、仲良く楽しく、また技術も確かで大満足でした。ショットナビと1Yしか変わらない目測を何度もいうもんだからたまげましたよ。

エアレーションでグリーンがボコボコなのと、フェアウェイも多めに撒かれてる砂が昨日の雨で浮いていて決して万全とは言えないコンディションではありましたが、景色、コースレイアウト、キャディさんなど、平均的なコースの2回分なお値段にも十分見合うレベルの高さと思いました。しばらく節約してまた連れてきてもらおー。


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

CLOSED

2010/04/01 [Thu]06:40
category: ゴルフのある生活
toei.jpg

長らくご愛読ありがとうございました。

腱鞘炎と四十肩とヘルニア治して、またいずれ。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。