ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

2009年04月の記事

ヘビに鉛

現在のアイアンはコブラProCB。
08_PROCB_IMG_0.jpg

ブログを読み返すと去年の6月に購入した模様。無骨な機能美と意外な打ち易さに惚れました。ただ試打で気に入って買ったはいいが、実際セットを購入してみたらかなりヘッドが暴れて打点はばらつくし、番手別の飛距離差にも怪しいものがあって、正直付き合いづらいやつでした。それでも昨年は、会社辞めたり広島帰ったりであんまり本気でゴルフする環境ではなかったので、まいっかー、で放っておいたのですが。

10月末に広島に帰り、速攻で山口の某有名フィッターさんのお店に調整に出すと、シャフトは曲がって入ってるしロフト・ライもシャフトが斜めに入っているからバラバラ。結局ヘッドを抜いて全て挿し直して調整してもらいました。
もちろんね、格段に打ちやすくなって意味不明のシャンクやらダフリやらトップやら激減したんだけど、今ひとつヘッドが感じられない。
バランスはD2~2.8とまあ標準なんだけど、ダウンスイングの途中、インパクトの手前でヘッドが来ない。その結果手元が流れるか、それを嫌って全身に力を込めて押し込んでやらないと打てない。ラクに振ろうとすると、ヒラリヒラリと“開いて閉じる”しかなくて、どんどん『ゆるい』スイングに崩れていきました。
ゴルフもオンシーズンになって、亡父のコースも引き継いだことだし、このままじゃいかんなーと買い替えも視野に入れていたのですが、せっかくカッチシ調整入れているクラブなのでなんとかこのまま使いたい。
で、あれこれ調べてみると。。。

どーも1番手軽い。なんと5番で423gしかない。423gなら4番が普通。
ダイナミックゴールドのS200とS300で1gの違いがあるにせよ、以前使っていたX-TOUR(US)で432g、その前のracCB(US)で431g。
ほかにネットで各社のカタログを見ても、スリクソンの-ZR800(S200)で430g、ツアステX-BLADE901、701がともに431g(S200)。あれれのれ。

さらに調べると、とあるゴルフ屋さんのブログで兄弟モデルのProMBを解体している記事を発見。シャフトから衝撃吸収剤がモリモリ出てきたとのこと。つまり。
おそらくProCBも、もともと衝撃吸収剤の充填分だけヘッドが軽く作られていて、シャフトを(掃除して)挿し直してもらっている僕のクラブはヘッド重量が不足していることになる。それでもバランスは上記のとおり一応出てるんだから困ったもんだ。

バックフェースのシンプルな美しさに未練があってこれまで鉛を貼るのは避けてきたのですが、ガサツなアメリカ人はベッタベタ鉛貼って調整するそうですので、そういう意味では鉛貼って調整するのが前提のクラブ作りなのかもしれません。ちなみにタイトも軽いんだって。まーおんなじ会社だし。

とまーそんなわけで長くなりましたが、すっぱり割り切って鉛貼りました。
ProCB.jpg

事務所でやったので『はかり』もないし、当然バランス計など持っていませんから、振り味だけで鉛の量を決めて、形を整えて切って貼って。要はドタ勘。
でも凄いのよ、ワシ。近所の練習場でバランス計借りて計ったら、ほぼD4.5~D5に収まりました。ナイス、ドタ勘!
D5っちゅーたらビックリ重そうですが、クラブ重量が軽めなので実際に振った感じはD3ちょいくらい。そんな番手差分の7gも貼ってませんから。バランス計ごとの誤差もあるしね。揃っていればいい。
で、練習場にバランス計を借りにだけ行くわけがありませんから少しばかり打ちました。
おほ!キツぅ。いままでのカラダ先行でクラブを操作すると背中がビキビキきます。トップのタメを長めに、下半身を少し穏やかにクラブを落としてやると、あは、いい球。ただし重心がさらに下がったせいで、かなり高い球。インパクトでのスピードが上がっているのか、距離も少し伸びています。
これが吉と出るかはしばらく実戦で使ってみてから、場合によっては貼り直しを考えます。


※4/26追記
ちょっと球が上がりすぎるんで、ソールに近い凹みのとこを切り取って、少しバランス軽くしました。なかなかよい感じ。


最近サボったツケが。。。
 ↓ ↓ ↓
最新ゴルフブログ
クリックしてくださいね。



スポンサーサイト

090418 水明CC

地元の先輩とマターリ2サム練ラン。
広島を20数年離れているうちに、島根県がこんなに近くなったことに驚く。

suimei.jpg

ご多分にもれずバブルの宮殿。ww

グリーンがエアレーション後の伸ばし中のようで、ごろんごろんペタペタと
転がりゃあしない。午前はショートひとつ除きALL3パットで26パットwww。
それでも6ホール終了して5オーバーのパーオン祭だったので、練習としては
復調が感じられて少し安心。
sumei1.jpg


残り3ホールで4つOB打たなきゃな(怒)。。。。まーまーまー。

午後はピンサイド打たず手前の広い所に落してショートアプローチ縛りで
まわってみた。グリーンがこんななので、なかなかピタピタ寄ってくれないが
グリーンまで戦略どおりに周ればゴルフがすごく楽だ、とあらためて実感。

50ヤード前後の距離感がほしい。雑だ。下手だ。
寄せワン狙っても結局10Y狂えば1パットでは苦しくなる。
けっこうな距離を外せば、ミドルで3オン3パット、あっという間に素ダボ。
綺麗に2打打ってグリーン手前にいてなんで素ダボ?みたいな。
アプ練強化月間だわ。

54(26)-47(21)=104(47) ・・・グリーンがあーなんで、どーでもいっす。



 ↓ ↓ ↓
最新ゴルフブログ


090329 久井CC

そういえばゴルフブログだったわ w

先の日曜日はコンペ@広島の三原、久井カントリークラブ。


ETC装着車は地方の高速道路が上限1,000円になった最初の週末とあって、
立ち寄ったサービスエリアはご覧のとおり。人、人、人。
SA.jpg

なんかね、まあいいけどね。景気対策ねえ。
渋滞対策に交通整理の係員を増員したとかなんとか言ってるけど、
その前に高速の走り方のマナーを周知してほしいわ。
右車線をちんたら走る車が多くて、ストレスMAX。
法定速度守らなくても、マナーは守れ <まてこら www



さておきゴルフの方はどうだったかといえば、49(17)-50(19)。
4発OBかまして、まだドライバーがぱっとしません。
三原久井

なぜかパンパンに締め上げたグリーンが乗ってもこぼれてばかりで、
パーオンはずしの寄せ1はずしの2パットボギーペース+OB、そんな感じ。
だからショットショットは悪い記憶がないんだな、これが。

『ピンまで打つな、ピンサイドに打つな』
まーこういうことが、やっと必要なレベルにはなったんだと思います。
負け惜しみだけどね。
ショットの安定しないうちは、ピン狙って打ってもそっちに行きゃしないん
だから、程よく外れて、遠くから寄せられたけど、ある程度狙えるように
なったら少しは頭使わないといけないのが身にしみます。

広島帰って、初コースばかりなので、『攻略』するほど慣れるヒマがないのも
考える習慣がつかない原因かもしれません。

とはいえ当日の同伴者の方々は、スコアは失礼ながら110台でありながら、
プレーはサクサク、会話は愉快な、とても恵まれた楽しいコンペでした。

あーあとそうそう、景品にJ・プレスの靴下もらった。
参加者有志がめいめいに景品を提供されてたのが印象的でした。
お勤め先のものだったり。
次回、僕はどうしようかな。材木とか持ってってもな w


たまにはポチっと。
 ↓ ↓ ↓
最新ゴルフブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。