ゴルフジャングル

彷徨うゴルフの密林

2008年07月の記事

真夏の練ラン1.5

真夏日が予想された月曜祝日、仲間のガチ系で練習ワン半。
気温は高いながら、幸い太陽は1日雲にさえぎられて
快速ラウンド。真夏日予報でキャンセルが相次いだよう。

寝坊してパタ練も無しでスタートしたせいで、出だしから
トリトリダボダボ。どっち向いて打ってんだ?
ショートのパーで立て直し、残りボギパーボギパーの48。

ティーショットをラフに入れても、かまわずグリーンを
狙って行って、乗らず寄らず入らずのダボ、というのが
いつまでたっても治らない悪いクセ。
深い夏ラフがあらためて反省を迫り、今日はフェアウェイ
外したらショートアイアンで脱出のボギー狙い、と決めた。

インコース、14Hまでずっとボギー、15Hロングで
崖下に落としダボ、残りパーボギパーで44。18パット。
できたできた。これでいい。

ラストハーフで再びアウトコース。
7Hで1ペナのダボ打って、パー×3、ボギー×5の43。
セカンド以降は上出来だろう。


ニュードラのコンダクタープロ、きっちり振り切らないと
必ず軽スラ。フェアウェイに落ちて右に転がってラフ、と
いうのが多い。だからって左端を狙うという丁寧な芸当は
できないんだな。
フェアウェイキープできたホールは、ほぼパーセーブ。
チョロトップで150Yしか飛ばなかったホールでさえ
ちゃんとパーとれてんだから、いかに距離よりも精度か、
ということなんだよね。いまさらな話。

1度フックのインプレスに戻す、という安直な手もあるの
だけど、きちんと打ってフックするようになったから
同サイズヘッドのストレートなコンダクタープロにした
経緯もあり、インプレスに戻すと左が怖い。
8割加減でスイングキープ、次回はコレだな。
(要は忘れるからこれ書きました w)



最新ゴルフブログ



スポンサーサイト

仕切りなおし

直前になってクラブ換えたり、スイング変えたり、
駅の階段を踏み外してひざを痛めたり、耳鼻科系の
持病が悪化して水平がわからなくなったり、とまあ
言い訳準備は万端に整えてこそっと参戦してたミッド
パブは鼻にも引っかからない敗退っぷり。

ナイスショット→パーオン2パットのパー、パーで
出だしの2ホール超かっこよくスタートしたものの、
年上ばかりの同伴者から萎縮され、敬語使われて、
ついつい持ち前のサービス精神が顔出し直後から自爆。

乗らず、寄らず、っつか通り過ぎ、また通り過ぎ、、、
みたいな素ダボのオンパレ。

いつも以上に速くセッティングされたグリーンに、
すっかり「手先合わせ」でパチン打ちになり、
「速いグリーンは大きく曲がる」という当たり前の
ことさえ忘れて、オンしたら暗くなる計46パット。
最近5回の平均パット数が31程度なので、どれだけ
パニクっていたのか(w。
ショートの1オン5パットでNRさえ考えました。

唯一自慢は午前トップスタートで2時間5分、2組目を
30分近くぶっちぎったことくらい(笑)。
代わりに後半は周回遅れの最終組の後ろについて、
待ち待ちの3時間以上。完全に飽きてた。

まーそんなわけで、またこれから出直しです。


ショットだけは相変わらずいいんだけどなあ。




最新ゴルフブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。